二重手術したい、一番信頼できるクリニックはどこ?

Q.埋没法をしたあとに切開法は受けられる?

 一度切開法で瞼の上の皮膚を切ってしまうと、加齢などにより顔の脂肪量に変化がきても、瞼のラインを変えることはできません。
 そのため切開法をしてしまうと、瞼のライン変更が難しく、傷を若干残るようで左右の目の形が極端におかしくなる恐れがあります。

 

 また、術後には瞼の腫れが1〜2週間残り、抜糸には通院が必要になるため時間と労力が必要になります。

 

 一般的に医師が勧める二重瞼手術は、まず最初に埋没法のようです。
 埋没法は、瞼の腫れも少なく大体3日から1週間で落ち着くため身体的負担が少なく自然な二重瞼を作ることができます。
 しかし、体重増加や加齢による場合や、皮膚が厚いために二重が作りづらいなどから1年、2年で元に戻ってしまうことも時にはあります。

 

瞼の皮膚が厚い場合や、本人の希望により多少の不自然さや、少しの傷が残っても、
くっきりした二重瞼にしたいという人にも切開法を行うこともあるようです。

 

 二重瞼手術にかかる費用は、カウンセリング費や施術費、術後のアフターケア費、手術にかかる麻酔代金と薬代金、抜糸代金に消費税が入って、だいたい埋没法では6万円から10万円程度の費用がかかり、切開法では20万円から30万円程度になるようです。
 身体的なリスクをとって高い費用を出してまで、二重瞼をつくるのかどうかはご自身の選択次第ですが、年齢とともに身体的にも変化することを考慮にいれて検討するとよいでしょう。

 

 芸能人の二重瞼をよくみてこうなりたいだけではなく、自身の顔の輪郭などと比較して医師によく相談してアドバイスを貰うとよいでしょう。
 また手術料金が極端に安すぎるクリニックは、医師免許や、技術など問題がある場合もありますので口コミで評判を確認するとともにアフターケアなども整っているのかどうか確認して病院を決めましょう。