二重手術したい、一番信頼できるクリニックはどこ?

埋没法の術後症状とケア方法に要注意!

埋没法で数年後に起こりやすい症状
切らずに簡単に、尚且つ安価で気軽に受ける事ができる、
二重整形手術で代表的なものと言えば「埋没法」ですが、
多くの病院で行っているクイック法の場合、
数年後に瞼を止めている糸が外れてしまい元の一重に戻ってしまう可能性があります。
また、年月と共に止めていた糸が緩み、瞼の裏側から糸が出てきてしまい、
目のゴロゴロとした違和感や痒み、痛み、充血、炎症が起こるといった
トラブルを引き起こす可能性があります。

 

 

数年後に症状が出た場合の対処
二重整形手術の埋没法をを行い数年後に、
元の一重に戻ってしまった場合は再度手術を受けるしかないでしょう。
その時は数件のクリニックを訪れ、先生とよく相談し、埋没法以外も検討すると良いと思います。
また、目に違和感を感じ始めた場合は、瞼の裏側から糸が露出してしまっている可能性がありますので、
すぐに近くの眼科に行き、埋没法を行っている事を伝え、きちんと診察してもらいましょう。
露出した糸は診療所では処置してもらえない場合が多いので、
手術を行ったクリニックに行って事情を説明し抜糸してもらってください。

 

 

埋没法を行った後のケア方法
埋没法はメスを使わず糸で留めるだけなので、術後の腫れが少ない事がメリットです。
しかし、人によっては大きく腫れてしまう場合もあるのでご注意ください。
手術当日、翌日が腫れのピークになる事が多いです。
腫れが気になる場合は冷やしたタオルなどを当ててクーリングをしてください。
洗顔や入浴は翌日から行いましょう。その時、絶対に擦らないでください。
アイメイクやコンタクトレンズは2〜3日以降から可能ですが、
なるべく様子を伺いながら行ったほうが良いでしょう。