二重手術したい、一番信頼できるクリニックはどこ?


二重手術はあくまでも美容整形の範囲になるため、美容外科で行われることが一般的です。整形外科手術として二重手術には、埋没法と切開法があります。子供に手術を施す場合には、美容外科医がカウンセリングをし、両親や本人の理解と希望を踏まえた上で、手術の可否が判断されます。

 

また、子供のまぶたの脂肪具合や、作るまぶたの幅により手術方法は異なります。一般的には、子供の成長期が落ち着いた、身体が大きめな小学校6年生程度から手術は可能です。ただし、二重手術は、局所麻酔注射をまぶたに施して手術を行うため、目のすぐそばで針を扱う恐ろしさにじっとしていられるのであれば、埋没法手術が可能です。また、小学校の低・中学年の場合には、手術後にトラブルがあっても本人が症状を言わないまま 放置する可能性があるため、二重手術を行うことはほぼありません。

 

二重手術をうけるメリット&デメリット

 子供が二重手術をうけるメリットは、学校で目つきが悪いといじめにあっている場合などで、手術を施すことで精神的に安定できるというころがあります。

 

 また、デメリットとして、まぶたの脂肪が厚いと、成長期では元に戻ってしまう可能性が高いようです。特に成長が目覚ましい段階で二重手術をする場合には、せっかく二重にしても、成長と共にまぶたが変化してしまうことが十分あります。そして、数年後にはせっかくのラインが浅く 不十分な二重まぶたになってしまうため、結局、再度 修正手術が必要になる可能性がでてくることが多々あります。