二重手術したい、一番信頼できるクリニックはどこ?


自力で二重まぶたにする場合、人それぞれまぶたの脂肪の厚さにより、二重のラインが付きにくいことがあります。また、生まれつき二重の人でも、就寝前の食事や体調によっては、二重ラインが見えにくくなるということもあります。それほど、まぶたの脂肪は二重に影響があり、自力で二重を形づくるためには脂肪をなくすことが課題になります。

 

二重方法1

 自力で二重にする方法として、蒸しタオルやアイマスク等で目の周りを温め、まぶたの脂肪を燃焼促進させる方法があります。また、目の周りを温めて新陳代謝を上げてマッサージをすることで、より燃焼を促進することで二重になりやすくなります。具体的には、アイクリームなどをつけた後、眉下の骨が落ち込んでいるところに親指を当て、眉頭から目じりに向かって1分間ゆっくりと押します。注意点としてここでは、力をいれてグイグイ押さずに、ゆっくりと適度に圧力をかけて押さえつけていくとよいでしょう。その後に、目を開けた状態でまぶたを指で押さえ、上に引き上げていきます。早いと、1週間程度で二重の癖がついてくるでしょう。

 

二重方法2

 マッサージでは二重が難しい場合には、アイプチやアイテープなどを使用することで二重ラインが癖づく人もいます。これは、使用する前に、脂肪燃焼マッサージと合わせて実践するとより効果が出るでしょう。ただし、アイプチはメーカーにより、強力なものとそうでないものがあり、糊が誤って目に入ることもあります。またテープにかぶれるなどの可能性もあります。
二重にするためには、体調や食事調整をしながら、自分にあったやり方で続けることが大切といえるでしょう。