二重手術したい、一番信頼できるクリニックはどこ?

二重手術の方法にはどういうものがある?

 二重手術を行うクリニックも沢山あれば、ひとつのクリニックの中での方法も沢山あります。
ですので、二重手術を受けたいと思った時には、「どこのクリニックの」「どの方法の」二重手術を受けるのが自分に最適かを良く見極めたいものです。

 

 二重手術の方法としては色々な呼び名は使われていてもその中身は、埋没法・小切開法・切開法の3種類が主流で行われています。
それぞれの二重手術の方法の特徴を見てみましょう。

 

「埋没法」

 この二重手術は糸を使って二重を作る方法で、メスを使わない方法です。
たるみが少なくまぶたの薄い人には適しています。
2点止め・4点止め・6点止めなどというものがあり、それらの中から選ぶようになります。
また、瞼板に縫いつける「瞼板法」や、瞼板の上の眼瞼挙筋に縫いつける「挙筋法」があります。
より角膜を傷つける心配の少ないのが挙筋法という二重手術の方法です。
術中の痛みや腫れも少ない点も、埋没法という二重手術の方法のメリットです。

 

「切開法」

 この二重手術はメスを使う方法です。
二重ライン作成の為にライン上の切開が行われます。
術後の腫れが強い点や抜糸が必要な点が難点ですが、最も確実に二重が作れる点が魅力です。
まぶたが厚いために埋没法などではラインが取れてしまった人や、加齢で皮膚のたるみが目立ち皮膚切除が必要な方に向いてる方法です。

 

「小切開法」

 この二重手術は埋没法と切開法の両方特徴を生かした方法です。
切開線は10ミリ程度と短いもので済む方法です。
切開法と同様にたるみが有るために埋没法では綺麗な二重が望めない人や、埋没法施術後に再手術をする人などに向いている方法ですが、切開法よりもメスを入れる部分が短くて済む方法です。

 

 

 クリニックによって二重手術の呼び名はまちまちですが、内容的には上記の3つの方法が主流ですので、どれに該当するかを見極めながら検討してみてはいかがでしょうか。